アクセス解析
レンタル掲示板

初心者心理-Z-

もう初心者の玄人裸足
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< あたり | main | げっちゃ >>

パソコン

 パソコン
PC-8001(ツレが買った)からの付き合いなので一体どのくらいだ?

調べてみると、1979年発売らしい、が、記憶では中学だったはずなので1983年以降と思われる。
(値段も本体が168,000円、ディスプレイが188,000円、ディスクユニット(フロッピー)に至っては300,000円と、とても一般家庭が手軽に買える代物ではないので)
多分、中古かな。

主に、というかゲームにしか興味なかったので、使い道としてはファミコンと並列である。
ファミコンが1983年発売で14,800円だったことを考えると高い買い物。
ただ、当時のパソコンはOS(ウィンドウズのようなもの)という概念ができていないのでコンピュータというものを体験を通して理解するにはうってつけだった。
(買い与えた親にしてみれば意を得たというところか・・・)

ゲームをやりたければ、カセットテープをテープレコーダーにガチャコンし、
今で言うアナログ音声ケーブルで接続
カセット再生
「ピーひょロッロロー」と鳶が鳴く。

初期のゲームのなかにコーエイの「コンバット」というゲームがあったのだが
これが難易度が高くツレと熱狂した覚えがある。
(グラフィックとかいう高尚なものではなく、フォントでつくったマスの領域でおこなうシミュレーション)

サウンドもセリフ回し(ファミコンのセリフと同じ)でテケテケいうだけ。

あれから30年超。
16Kだったメモリは2Gが普通に。

とにかくPCの進化は速い。速いがゆえにPCを買うときには悩みどころとなる。
特に最新のものを求めるとなると相当悩むことになる。
(2〜3年もせずに値段が半額以下になるからね)

オレはPCを自分で買ったのは一回だけ。(あとはお下がり)
しかもリサイクル用品の店で。
用途はLINUX(無料OS)検証用にDELLの型落ちのもの。
(それでもある程度の性能がほしくなるので思ったより高くなった覚えあり)

今回はCAD用だ。
しかも3D(3次元)CADが快適に動作する性能が要る。

仕事用ではなく、単純に趣味だ。
今までは2D(2次元)CADを仕事にしていたのだが、あるきっかけで3Dを始めると
面白くてしょうがなくなった。

丁度、趣味がなくなっちゃったところなので、まさに渡りに船。

3D CADの場合ネックはハードよりもソフトの値段だ。
仕事で使っているのは
AutoCAD Mechanial 2007 or 2008

どうせなら同じソフトで、と考えるが
AutoCAD 2013の価格は約600,000円。
ちょっと趣味としては冒険しすぎか?いや、圏内か?

3D特化型のAutoCAD invenor LT ならAutoCAD LTのパッケージ品が
250,000円。
これなら価格的には問題ないが、機能に心配が残る。

とくにアセンブリ(組立)機能。(なしと書かれてるけどそれではモデリングもできないことに・・・)
パーツごのモデリングはinventor標準版と同等。
ただ、パーツのモデリングだけでは面白さも半減。
組立、レイアウトが出来るんかどうか、情報をみた限りで判断できず。

仕事で新たにinventor LTを導入するので、それを実際に試してからにする。

あとはハード。

どこまで求めるか、妥協か。
現在(2012-12-2)のPC環境でもっとも満足度の高いポイントを探る。

CPU
要求はクロック数の高いもの、コア数も多い方がベター。
ということで、
intel core i7-3770が第一候補。
型落ちによる値頃感とBTO(Build To Order)販売のベースモデルの豊富さが決め手。
ここはもう決定でいいでしょう。

次に大事なのが、というより一番大事なのが
グラフィックボード。
GPUというくらいなのでCPUと同等、というかグラフィック専用CPUのこと。

Autodesk推奨ではi7に内蔵されているHD Graphics 4000でも動作するようであるが
快適さを重視するなら専用グラフィックは必須(と思い込んでいる)。
使ったことがないので実物を買って検証するしかない。
(会社で買うやつもi7だったはずなのでそれを待ってもいいが・・・)

NVIDIA quadro 600 ⇔ ATI(AMD) FirePro v4900  約20,000

NVIDIA quadro 2000  ⇔ ATI(AMD) FirePro v5900 約50,000

の選択に絞られる感じ。
これ以上の性能が必要かどうかも不明、しかも値段倍々ゲーム。

600と2000の性能差はどうもネット上の情報を噛み砕いて見る限り体感できるほどではなさげ。

ならば600で。
v4900との比較では若干v4900のほうが速そうなサイトもあったが上位機との性能差でも体感でなさそうなので無視。
あとは好みの問題。

緑か赤か。
ダイオードの色みたいでしょ。
もしお金が余ってるなら両方買って2枚挿す手もあり。(ただの趣味)

メモリは4G以上なので値段的に8Gならほとんど変わらず。

OSはwindows7 64bit。
64bitでないとメモリをいくら増やしても意味なし。(認識できる範囲が3Gまで)
Home premium(自分用?), Professional(仕事用ってこと),Ultimate(全部入りって意味)
全部入りでもいいけど、使い道がありそうにないのでHomeで大丈夫ダイジョブ。

HDDは500Gもあればいいかと、標準で1Tとかついてるモデルもあるから特に気にしない。
問題は今蔓延中のSSD。
付けるべきか見送るか。
スピードの向上は間違いなさそうだが、問題は耐久性。
どうやら書き込み回数上限があり、何年も放っておくとデータが崩壊するそうな。
消耗品と割り切れるかどうか。

快適性を求めるなら付ける方向、あとは値段との兼ね合いか。

あとはケースね。
見た目は大事だよ。(テンションの上がり方が違うからね)
BTOメーカーのケースは選択肢が多いところとほぼ標準のみの両極端。

選択ができるところは値段が高め、標準のみのとこは安くなる傾向(当たり前じゃ)
しかも選択できないとこに限ってもっさりしたケースが多い。

外観は妥協したくない部分(趣味であるが故)なので最終的にメーカーを決める最重要ポイント。


ディスプレイ、キーボード、マウスといった付属品はネットで好きなものを選んだほうがいい感じ。
マウスはもう決定してるし・・・。

キーボードはワイヤレスのソーラーパネル搭載のものをロジクールが出してるのでそれを検討中。

問題はディスプレイ。
これに関してはPCのように型落ちでも性能が変わらないのでじっくり吟味する必要がある。
可視領域(液晶がそのまま見える角度)が広いに越したことはないが、通常目の前にある状態でしかCADなんか操作しないわけで。

あとは長時間作業は確実なので非光沢(ノングレア)。
大きさは老眼の進行に配慮すると24~27くらい?
(会社のノート(15)はもうかなりきつい)

予算は3万以下で選択。

あと書いてなかったけど、デスクトップしか考えてない。
ノートにする必要もないし、ノートのグラフィックボードはまだそこまでこなれていない感じ。

しかも、趣味なのでグレードアップは避けられない。
自分でグレードアップする楽しみも要素の一つ。(もちろんメーカー保証期間以後の話)
とりあえずメーカー保証は延長(3年)しといたほうが無難そう(パーツ一個が結構な値段なので)

現状で見積もりをかけて見ると約13万。

よーし、買うか!
ソフトは体験版をDLしてみて決めればよし。(ただし、普通に100万するけどね)
- | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする